想夫恋  
   
  美人画の第一人者であられた上村松園先生は、能の「砧(きぬた)」から取材され、その題名で気品のある素晴しい絵を描いておられます。
私はその名画を元にして、秋の夜長に夫を想って眠られず、打掛を掻い取り、土間に下り立てば、片隅に鳴く虫の音にも、そぞろにつのる恋しさに、遠地の夫をひたすら想い慕っている若妻の姿を人形にしてみました。
 
   
 
 

 
     
  1              
想夫恋   梅の栄
  割りしのぶ髷京舞妓   聚楽第の御台様   嵯峨野
               

 
     
               
地唄舞「雪」
  情炎
  松の寿   割りしのぶ髪京舞妓舞姿   さっこ髪京妓舞姿