「人の形は神の形」展

日時:平成28年10月13日(木)〜22日(土)
   ※会期中無休 午前11時〜午後7時まで
    (最終日は午後5時終了)〈入場無料〉
会場:V.Gallery Slow Space(大阪)


本願寺法主 大谷暢順台下に依頼され、關原紫光が初めて男性の人形に挑戦した「神武天皇」の新作を初公開。
石清水八幡宮へ奉納予定の「応神天皇」、「神功皇后」を初公開。
稲盛財団の稲盛倫理賞の副賞に採用された「祝賀」を公開。

本展は、以上の体が一堂に会する貴重な機会となります。
その他紫光の代表作約 体の京人形を展覧いたします。

推薦人:
大谷暢順氏(本願寺法主・親鸞聖人 直系の25世)
田中恆清氏(石清水八幡宮 宮司・始祖 武内宿 より第58代)


詳しくはこちら(PDF)

4月に開催した東京での展覧会レポートを
こちらからご覧いただけます


「人の形は神の形」展