稲舟
稲舟とは刈り取った稲穂を積んで運ぶ極めて軽い小舟のことです。
昔は特に最上川のものが有名で、古今和歌集にも詠まれている秋の風物詩でした。
この曲の作者は稲舟という秋の急流にもまれながら進む小舟の様を独り寝の淋しさに耐え兼ねる女性のはかない恋にたとえている様です。
坂東玉三郎丈が遊女姿でこの曲を舞われるのに魅せられて人形にしてみました。