京人形の歴史
 その起こりは王朝文化華やかなりし平安時代、貴族の幼女の間で流行った遊びといわれます。 つくりこそ今の姉様人形のような簡易なものだったようですが、見合ったサイズの衣裳や調度品をしつらえ、人形を手に宮中での暮らしの真似事をするといったままごとのような遊びは「ひいな遊び」、人形は「ひいな人形」と呼ばれました。
 これ以前にも、日本において「人の形」をしたものとしては、土偶や埴輪、形代や天児が見られました。しかし「ひいな人形」をそれらと区別して人形の起源と言うのは、あくまでも玩具であったこと。土偶や埴輪などが人間の身代りで信仰を伴う存在であるのとは性格が異なり、「ひいな人形」はそのものの愛らしさによって子供たちに受け入れられたのです。その後、江戸時代になって武家社会にも広まると、やがて上巳の暦と結びつき、子供の誕生や成長を祝う雛祭りの行事、そして現在の雛人形のスタイルへと発展していきました。
 こうした京人形を支えるのは、古くから都として栄えた街ゆえに備わる卓越した職人技。京人形は一人の創り手によって制作されるのではありません。頭部・髪付・手足・小道具・着物・着付など、工程ごと、それぞれを専門とする職人の手をわたって完成します。この分業制・作業の専門化は技術を向上させ、京人形という個性を確立しました。そしてその積み重ねによって、政事(ルビ:まつりごと)の機能が江戸に移った後も、京都は人形創りの中心であり続けたのでした。、京人形には、雛人形を筆頭に五月人形、武者人形、市松人形、風俗衣装人形などがあり、通商産業大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けています。


 京人形制作は本来分業で制作されますが、私はほとんど全てを独自の技法で作ります。
髪は絹糸を黒く染めたものを頭に植え付け、人形に合わせて結い上げます。衣装はデザイン、布地選びから、染色、柄描き、刺繍や金彩加工までひとつひとつを手仕事で仕上げます。一連の作業の中で「胴組み(胴体にした木に頭、手足をつなぐ)」と「胴巻き(綿と和紙で巻いて身体の形を作る)」は殊に大切な工程で、これによって舞姿の美しさが決まるのです。



 
 
頭部
頭の前と後ろ部分に毛を植えるための穴を掘り、墨を塗る。そこに髪を、前髪から鬢、つとの順に糊で植え付ける。鬢とつとの厚みは、黒く染めた脱脂綿を巻いてつくる。
目の細かい櫛を用い、つとから鬢の順に髪を結っていく。結い上がったらコテで毛を整える。髷を頭に糊でつけ、乾かしている間に花かんざしを作成。乾いたら髷を結って形を整え、花かんざしなどで飾って、頭部のできあがり。

 
 
胴部
足から胴部を作る。はじめは直角に曲がった格好の足にドリルで穴を空け、桐の粉で角度を整えていく。また胴は、胴芯となる胴木に桐粉をつけながら成形。その後、頭・足・胴を和紙と針金で組み立てる。その上から更に和紙と綿を巻いて肉付けをし、思うポーズに整えて台に固定する。

 
 
衣装
最初色を塗って描いた図案から線描きを起こし、セロハンに描き写す。その線描きの図案を衣装に使う布に写して筒描きなど伝統的な技法で着色し、刺繍などを加え模様を描き上げる。

 
 
着付
人形の衣装は裾と上身頃とに分かれており、まず裾を下前から付ける。位置を決め、動きのあるひだをつけながら着せていく。次に、胴を和紙で厚みを加減して補正しながら、上前を着付ける。袖は針金で裏打ちした和紙で補強して形をつくり、左袖から着せ付ける。帯は色々な結びにあわせて形を作りながら巻き、その後、袖の先から腕の針金に手を差し込む。髪、全体のポーズを整え、完成となる。